「御祈祷とは」
御祈祷とは日蓮大聖人より、今日まで口伝直授され伝わる祈祷法をもってする御祈祷です。
当山では、遠寿院大荒行堂にて相承を受けました。
皆様の様々な心配事をなくし、日々の生活を安心して過ごしていただけるよう、久成寺本堂にて様々な御祈祷や御供養を行っています。
久成寺では毎年1月に開運祈祷会を行っております。
木札の授与を行っておりますので、檀信徒様以外でご参詣をご希望の方は、12月中旬ごろまでにメールか電話にてお問い合わせください。
また毎月15日午後1時より本堂にて御祈祷会を行っております。
ご参詣いただいた方には月守りを授与しておりますので、どなた様もお気軽に御参詣ください。
※法要申込書をダウンロードしてご使用ください。→ 法要申込書.pdf

=開運祈祷会の模様=
「何を祈願すればいいの?」

家内安全、厄払い、身体健全、交通安全、心願成就、当病平癒、良縁成就、子宝成就、事業繁栄、学業成就、就職成就、安産祈願、など、皆様が祈願したいことをお伝えください。
毎月の御祈祷会では身体健全・家内安全等の御祈願をしております。

「費用と注意事項」
特別回向(個別の回向)では5,000円以上の山納をお願いいたします。
なお、法要等の都合によりお受けできない日時がございます。
あらかじめご確認の上、御参詣ください。
「遠寿院の修行について」

世界三大荒行の一つである百日の大荒行。この厳しい修行を行うことにより、ご祈祷を行うことができます。
加持祈祷を行う僧侶は11月1日から2月10日までの100日間、千葉県市川市の正中山遠寿院大荒行堂にて壮絶な苦行に身を投じ、自ら霊験を高め秘伝の修法(木剣を使用した加持祈祷のこと)を授かります。
この真冬の100日間の修行では、2時間ほどの僅かな睡眠時間と質素な食事の時間以外は、一日7回の水行と読経に明け暮れるのです。